炭水化物は太る。肥満が増える理由。脂肪は必要。ノンオイル果物糖質

炭水化物は太る。肥満が増える理由。脂肪は必要。ノンオイル果物糖質

 ⇒誰でも簡単に痩せる酵素液とサプリ。当サイトのオススメはこちら

 

 

 

▼炭水化物は太る

 

 

脂肪を摂らなくても、炭水化物をたくさん摂ると太ります。

 

炭水化物とは、主食に含まれる栄養素で、

 

 

ごはん
パン
うどん
そば
スパゲッティ

 

 

このあたりに含まれます。

 

肉などの油を減らしても、ごはんを何杯も食べると、すぐに太ります。

 

 

これは、ごはんのタンパク質(糖質)が、体内で脂質に変わるからですね。

 

糖質を摂り過ぎれば、脂肪になるわけです。

 

 

 

糖質は、主食はもちろん、甘いものには当然に含まれます。

 

甘いモノを食べすぎたら、糖質が脂質に変わって、太るわけです。

 

 

また、果物(フルーツ)も、糖質が多いので、食べすぎると太ります。

 

「○○ダイエット」とか言って、フルーツを食べまくるダイエットがありますが、
これは、糖質を摂り過ぎてしまい、太りますので、やめた方がいいでしょう。

 

 

ダイエット補助には、サプリメントがオススメです。

 

 

 

▼糖質を摂らないのは危険

 

 

糖質は脂質に変わるから太るのですが、一定の糖質は絶対に必要です。

 

摂り過ぎるから太るのであって、人間は糖質がないと生きられません。

 

 

脳は、糖質でしか動かないのです。

 

筋肉や内臓は、脂肪を燃焼させて動かせますが、
脳は糖質(ブドウ糖)がないと、動かなくなってしまうのです。

 

 

この状態が「低血糖症」です。

 

糖尿病の逆ですね。

 

 

 

何日も低血糖状態でいると、脳に過度に負担がかかり、障害が出ることもあります。

 

「バランスよく、少食に」

 

を、心がけましょう^^

 

 

 

▼肥満が増える理由

 

 

昭和の時代から、「摂取カロリー量」は変わっていません。

 

でも!

 

肥満の人は、3倍以上に増えているのです。

 

これはなぜ??

 

 

答え ⇒「脂肪」の摂取量が増えているから。

 

 

 

つまり、食生活が変わったからですね。

 

同じカロリーでも、脂質が多い食品は、太りやすいわけです。

 

 

 

肉や、外食や、居酒屋や、ファーストフードが一般的になり、
平成の世の中は、昭和の人より、脂肪を摂りまくっているのですね。

 

 

 

▼適量の脂肪は必要

 

 

ただ、炭水化物と同じように、脂質もまた、完全に絶ってしまうと、体に変調をきたします。

 

太るからといって、何でもかんでもノンオイリーにしてしまう人がいますが、これはオススメできません。

 

 

 

脂肪は体をふくよかにし、衝撃から内蔵を守ります。
(例:お相撲さん^^)

 

 

また、肌のツヤは脂肪がないと、カサカサになってしまいます。

 

 

ですから、脂肪は少しは必要なわけですね。

 

ただ、外食の1人前を普通に食べてしまうと、完全に脂肪過多なので、
自炊で脂肪の量を調整するのがベストですね^^

 

私が、ダイエットを成功させたサプリについて

【ダイエットを成功させるサプリについて】

ダイエットを確実に成功させるには、生活習慣の改善と併せて、 「ダイエットサプリ」を使うことが効果的です。

私が使っているダイエットサプリのオススメは、
ファイブデイズプレミアムダイエット』です。

その他、ダイエットに効果的なサプリランキングは、こちら
  ↓
ダイエットを短期間で成功させるサプリランキング