危険なサプリメント短期間で痩せる?太るデメリット リスクファクター

危険なサプリメント短期間で痩せる?太るデメリット リスクファクター

 ⇒誰でも簡単に痩せる酵素液とサプリ。当サイトのオススメはこちら

 

 

 

▼短期間で一気に体重を減らす方法は、危ない

 

 

ダイエットサプリなどでも、1週間で10キロとか、とんでもない減量を宣伝してる商品があります。

 

が!

 

このような商品はオススメしません。

 

 

ダイエットというのは、体脂肪率を下げていく作業であり、
少なくとも、1〜2ヶ月は必要です。

 

 

 

基礎代謝を上げて、健康的に体脂肪を燃焼させるためには、
1ヶ月くらいは、最低でもかかるわけですね。

 

 

それが、1週間で10キロ落ちるということは、

 

 

・下剤系

 

・利尿剤系

 

・体から水分を抜く系

 

 

 

このようなデンジャラスなダイエット方法である可能性が、極めて高いわけです。

 

人間の体には、宿便が5キロくらい溜まっているので、
下剤で一掃すれば、数日で5キロくらい落とすことが可能です。

 

 

が、宿便を出して5キロ痩せても、なんの意味もないですよね^^;

 

下っ腹が少しスリムになるだけで、足が細くなるわけでもないですし、
全身で見れば、何も変わりません。

 

健康も増進しません。

 

 

そして、また宿便がたまれば元通り^^;

 

 

利尿剤や、サウナスーツなども、同じです。

 

体脂肪を減らさないと、ダイエットは無意味です。

 

 

 

「すぐ痩せる」
「あっという間に痩せる」
「なんの努力もなしに痩せる」

 

 

こういった甘い言葉は、悪魔のささやきです。

 

危険な下剤系サプリメントは、絶対に使わないでくださいね。

 

 

 

▼リンゴ型肥満と、洋なし型肥満って何?

 

 

肥満には、2種類あります。

 

 

・上半身に脂肪がつく肥満(リンゴ型肥満)

 

・下半身に脂肪がつく肥満(洋なし型肥満)

 

 

 

このうち、病気リスクが高いのは、「上半身に脂肪がつく肥満」です。

 

なぜかと言うと、上半身の脂肪は、内臓脂肪だからです。

 

 

 

内臓脂肪型肥満は、糖尿病・高脂血症・高血圧などのリスクが高くなってしまいます。

 

糖尿病・高脂血症・高血圧は、血管が詰まりやすく、成人病の原因になります。

 

 

 

上半身型肥満は、健康に害が出ます。

 

が、上半身の肥満というのは、正しくダイエットすれば、脂肪を落としやすいです。

 

 

なので、上半身に脂肪がついている人は、
健康のためにも、早めに正しいダイエットを行なっていきましょう。

 

 

 

▼太ると、体を損傷する

 

 

肥満になると、体に傷がつきます。

 

まず、重い体重を支えるために、ヒザや股関節に負担がかかり、歩くのが困難になります。

 

 

特に、中年以降の女性は、骨粗鬆症になりやすいので、
ヒザや関節のケガが多くなります。

 

 

 

また、腕や足が太くなると、太ももやわきの下がこすれて、ばい菌が入って化膿します。

 

これは、「接触性皮膚炎」と言います。

 

 

太った人が、腕や足を広げて歩くのは、接触性皮膚炎を避けているんですね。

 

 

 

さらに、「睡眠時無呼吸症候群」は、首に脂肪がつきすぎた結果です。

 

首の脂肪が気道をふさぐので、しっかり眠ることができず、
疲労が抜けず、昼間も常に眠く、居眠りをしてしまう状態です。

 

 

 

さらにさらに、「ピックウィック症候群」というのは、
胸部や腹部に脂肪がつきすぎて、酸素不足になり、
運転中などでも、急に眠気が襲ってきます。

 

 

 

▼動脈硬化の原因(リスクファクター)

 

 

動脈硬化の原因は3つです。

 

 

・高血圧

 

・高脂血症

 

・糖尿病

 

 

 

この3つはすべて、肥満による体脂肪の増加が原因です。

 

太ると、血管が詰まるリスクが一気に上がってしまうんですね。

 

 

 

私が、ダイエットを成功させたサプリについて

【ダイエットを成功させるサプリについて】

ダイエットを確実に成功させるには、生活習慣の改善と併せて、 「ダイエットサプリ」を使うことが効果的です。

私が使っているダイエットサプリのオススメは、
ファイブデイズプレミアムダイエット』です。

その他、ダイエットに効果的なサプリランキングは、こちら
  ↓
ダイエットを短期間で成功させるサプリランキング