肥満は遺伝ではない ウエストサイクリング現象 ストレス食い

肥満は遺伝ではない ウエストサイクリング現象 ストレス食い

 ⇒誰でも簡単に痩せる酵素液とサプリ。当サイトのオススメはこちら

 

 

 

▼「体重」を減らすのではなく、「体脂肪率」を減らす

 

 

数あるダイエット方法には、「体重」を減らすことに傾倒したものが少なくありません。

 

ダイエットとは、体重を減らすことではない。

 

体脂肪率を減らすことなのです。

 

 

これを理解していないと、体に必要なタンパク質などが不足し、
筋肉や内蔵を維持できなくなって、病気になります。

 

 

 

筋肉や水分は、人体にとって必要不可欠な成分であり、ダイエットによって失ってはならないのです。

 

体脂肪率が減らなければ、いくら体重が減っても、そのダイエットは失敗です。

 

 

 

焦って、危険なダイエットに手を出さないように、ご注意くださいね。

 

 

 

▼ダイエットを繰り返すと、太りやすくなっていく

 

 

ダイエットをしては挫折。。。

 

これを繰り返していると、どんどん太りやすい体質になっていきます。

 

これを「ウエストサイクリング現象」と言います。

 

 

特に、急激なダイエットをした後は、体の防御システムが作動して、
すばやく元の体重に戻そうとするんですね。

 

 

 

ですから、過激なダイエットをすればするほど、太っていくという矛盾が発生してしまうのです。

 

ダイエットは、必ず無理なく、挫折しないように続けなければなりません。

 

でないと、ウエストサイクリング現象で、逆に太ってしまうからです。

 

 

 

▼肥満は遺伝ではない

 

 

遺伝子には、脂肪を溜め込みやすい遺伝子があるのは確かですが、
太りやすい体質になるかどうかは、ほぼ「生活習慣」で決まります。

 

 

基礎代謝は、後天的な生活習慣で、いくらでも変化するものであり、
太るかどうかは遺伝では決まりません。

 

 

 

「親が太っているから自分も太るんだ」

 

というのは言い訳です。

 

 

ただ、親の生活習慣を、子が継承することが多いので、
親子で太ってしまうんですね。

 

 

 

食後に、デザート&ジュースを飲む習慣が親にあって、
子にそれを見せていれば、子も同じ事をするでしょう。

 

 

 

ですので、ダイエットするなら、生活習慣を改善して、
基礎代謝を上げるような生活をすればよいわけですね^^

 

 

 

▼ストレスがたまっていると、食べすぎてしまう

 

 

基本、食べすぎるから太ります。

 

当たり前ですが^^;

 

 

ではなぜ、必要以上の食べ物を食べてしまうのでしょうか?

 

その原因のひとつに、「ストレス」があります。

 

 

仕事などで、大きなストレスを抱えていると、
脳はその緊張状態をほぐすために、食べることで副交感神経を優位にしようとします。

 

 

これが食欲になります。

 

 

食べて、おなかがいっぱいになると、ホッとしますよね。

 

これが副交感神経優位の状態です。

 

 

ただ、このようなストレス解消法は、対症療法的なものにすぎないので、
なんら根本的な解決になっていません。

 

 

ですから、次の日もまた食べすぎてしまう。

 

この繰り返して、どんどん太っていきます。

 

 

食べることでストレス解消すると、絶対に太るし、体に悪いです。

 

ですので、趣味や睡眠など、健康的なストレス解消法を見つけてくださいね。

 

私が、ダイエットを成功させたサプリについて

【ダイエットを成功させるサプリについて】

ダイエットを確実に成功させるには、生活習慣の改善と併せて、 「ダイエットサプリ」を使うことが効果的です。

私が使っているダイエットサプリのオススメは、
ファイブデイズプレミアムダイエット』です。

その他、ダイエットに効果的なサプリランキングは、こちら
  ↓
ダイエットを短期間で成功させるサプリランキング