カロリー制限は必要ない。太るデメリット鈍感。満腹中枢は後からくる

カロリー制限は必要ない。太るデメリット鈍感。満腹中枢は後からくる

 ⇒誰でも簡単に痩せる酵素液とサプリ。当サイトのオススメはこちら

 

 

 

▼ダイエット初期でカロリー制限は必要ない

 

 

ダイエットの初期段階では、カロリー制限や、食べ物の制限は必要ないです。

 

いきなりそんなことやっても、1ヶ月で挫折して、リバウンドするのがオチですね^^;

 

 

なので、最初は、

 

「毎日食べたものをメモしておく」

 

「毎日の体重もメモしておく」

 

 

何を食べてもいいので、これだけを続けてください。

 

いきなり何十キロも減らそうとしてはダメです。

 

 

短期間で減った体重は、短期間で元に戻ってしまいますから。

 

 

「ゆっくり始めて、長〜く続ける」

 

これがダイエット成功のコツです。

 

つらいのは最初だけですから^^

 

 

 

▼太っている人は、自分の欲望に正直

 

 

太っている人は、「脳内麻薬」の快感によって、食べすぎてしまいます。

 

体は必要としていないのに、食べた時に分泌される脳内麻薬を感じたくて、食べてしまう。

 

 

太っている人は、自分の欲望に正直な人が多いと言われますが、一理あるでしょう。

 

 

逆に、痩せている人は、脳内麻薬より、「体からの信号」に従います。

 

体が、「おなかいっぱい」という信号を出せば、それに逆らえない。

 

「体からの声」に敏感なのが、痩せている人です。

 

 

 

太っている人は、体からの声に鈍感。

 

だから、病気の諸症状に気づかないことも多いのです。

 

 

「胃が痛い」とか

 

「便秘感がある」とか

 

「胸やけする」とか

 

 

このような症状に気づかないため、太っている人は、病気になりやすいです。

 

 

 

▼おなかがすいてから食べれば痩せる

 

 

「おなかがすいてから食べましょう」

 

と言うと、太っている人は、「おなかがすくから食べるんです」

 

と言います^^;

 

 

でも、太っている人は、「おなかがすいていない」のです。

 

「おなかがすいた」のレベルが低い。

 

まだ、しっかりと胃がカラッポになっていないのですね。

 

つまり、太っている人は、「おなかがすいてないのに食べている」

 

 

 

痩せている人は、胃がカラッポになるまで食べません。

 

おなかがすいていなければ、昼を抜いたり、夜を抜いたりします。

 

 

が、太っている人は、3食しっかり食べます^^;

 

 

まずは、「おなかがすいた」という感覚を知りましょう。

 

胃がカラッポというのは、どれくらいのレベルなのか。

 

 

でも、ダイエットに悩む人は、空腹に耐えられないので、
最初はなるべく食事の間隔を空けることから始めてみてください。

 

 

 

▼食べてから少し時間をおくと、おなかが一杯になる

 

 

満腹中枢の話ですね。

 

ごはんを食べたあと、「まだちょっと食べたいなー」と思っても、
そのまま何も食べずに、10分くらい経つと、おなかが一杯になります。

 

その10分で、満腹中枢に信号が届くからですね。

 

 

 

太っている人は、この10分で食べまくります^^;

 

「まだ食べれるのに、食べないなんてもったいない!」と思ってしまうんですね。

 

 

 

ですから、できる人は、「まだちょっと食べたいなー」で食べるのをやめてみてください。

 

かなり痩せます^^

 

私が、ダイエットを成功させたサプリについて

【ダイエットを成功させるサプリについて】

ダイエットを確実に成功させるには、生活習慣の改善と併せて、 「ダイエットサプリ」を使うことが効果的です。

私が使っているダイエットサプリのオススメは、
ファイブデイズプレミアムダイエット』です。

その他、ダイエットに効果的なサプリランキングは、こちら
  ↓
ダイエットを短期間で成功させるサプリランキング