ストレスで太る歳をとる。ピル・精神安定剤・睡眠薬・かぜ薬。和食調理方法

ストレスで太る歳をとる。ピル・精神安定剤・睡眠薬・かぜ薬。和食調理方法

 ⇒誰でも簡単に痩せる酵素液とサプリ。当サイトのオススメはこちら

 

 

 

▼ストレスで太る

 

 

現代人に肥満が増えている理由として、

 

 

・食生活の欧米化

 

・ストレス社会

 

 

 

この2点が大きな理由です。

 

食生活については、脂肪分の摂り過ぎですね。

 

カロリーは高くてもいいから、脂質を抑えるようにしてください。

 

 

 

さて、ストレスと肥満ですが、
これはストレスを感じると太るわけではありません^^;

 

 

「ストレスを感じると、食欲が増す」
  ↓
「食べる」
  ↓
「ストレスが消える」

 

 

 

この繰り返しで、太っていきます。

 

 

☆ストレス ⇒交感神経優位 ⇒食欲増加 ⇒食べる ⇒副交感神経優位になり落ち着く

 

 

 

という感じ。

 

ストレスを食べることで解消しようとすると、「クセ」になってしまいます。

 

そして太ります。

 

 

ですから、ストレスが多い人は、食べること以外で解消するようにしてください。

 

適量までのお酒はオススメです。

 

 

お風呂もかなりストレス解消になります。

 

 

 

▼歳をとると太りやすくなる(更年期など)

 

 

歳をとると、基礎代謝が下がります。

 

発散するエネルギー量が減るので、摂り入れるエネルギーも減らさないと、当然に太ります。

 

 

 

普通は、歳とともに油っこいものなどは食べたくなくなるのですが、
胃腸が頑丈な人などは、歳をとってもがっつり食べたりします^^;

 

 

これが中年太りの原因ですね。

 

 

年齢とともに、油っこいものは、減らしていきましょう^^

 

 

 

▼ピル・精神安定剤・睡眠薬・かぜ薬は、太る

 

 

妊娠を防ぐ薬のピルは、人工的に閉経状態を作り出す薬ですが、
ピルを飲むと、女性ホルモン:エストロゲンの分泌量が減少し、食欲が増します。

 

 

また、精神安定剤・睡眠薬・かぜ薬にも、食欲を増進させる成分が入っていることが多く、
これらを常用している人は、肥満になりやすいです。

 

 

 

ですので、このような薬はなるべく飲まないようにした方がいいです。

 

必要最小限の量にしましょう。

 

 

 

▼和食は痩せる

 

 

ダイエットには和食がベストです。

 

現代人は、洋食と中華を食べる人が増えました。

 

これが肥満の原因です。

 

 

 

洋食と中華には、脂肪分がガッツリと入っています。

 

でも、和食には脂質が少ない。

 

 

和食の脂質割合=15%

 

洋食と中華の脂質割合=40%

 

 

 

だから同じだけのカロリーを摂っても、和食は太りにくいのですね。

 

 

 

▼油を使わない調理方法で痩せる

 

 

同じ食材を使っても、油やバターをなるべく使わないようにすることで、
カロリーが大きく違ってきます。

 

 

お塩とマヨネーズでは、カロリーが全然違います。

 

 

自炊できる人は、調理方法を工夫するだけで、かなりダイエットしやすくなります。

 

避けたいのは↓

 

 

・揚げ物

 

・バター

 

・マヨネーズ

 

・ドレッシングたっぷり

 

 

 

このあたりを避けるだけでも、全然違いますので、お試しください^^

 

私が、ダイエットを成功させたサプリについて

【ダイエットを成功させるサプリについて】

ダイエットを確実に成功させるには、生活習慣の改善と併せて、 「ダイエットサプリ」を使うことが効果的です。

私が使っているダイエットサプリのオススメは、
ファイブデイズプレミアムダイエット』です。

その他、ダイエットに効果的なサプリランキングは、こちら
  ↓
ダイエットを短期間で成功させるサプリランキング